社長ブログ
社長4400人が購入した英会話教材
トップページ » 仕事に使える会計知識が身につく本
仕事に使える会計知識が身につく本

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本 (小宮一慶)

1秒で!!!

財務諸表が読めたらいいなぁー 笑
って、そういうことではなく・・・

「1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?」
「外資ファンドが狙う企業のバランスシートの特徴とは?」
「なぜ、イオンはダイエーを子会社にしないのか?」
「トヨタ自動車が、あえて無借金経営にしない理由とは?」


などなど・・・



ビジネスマンにとって「これだけ知っていれば大丈夫!」という最低限の会計知識

なぜ、一般のビジネスマンにとって財務・会計の話は難しく感じてしまうのか? その多くが専門家にしか必要のない高度な知識まで知ろうとしていたことに原因があります。本書では、一般ビジネスマンが仕事をしていく上で、「これだけ知っていれば大丈夫!」といったコンセプトのもと、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」といった財務会計の基礎知識や、「損益分岐点分析」「増し分利益」「直接原価計算」「付加価値」といった管理会計の基本について最低限のポイントをやさしく紹介していきます。

1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?
「会社の数字」のプロが教える財務諸表を読み解く最低限のポイント

一度見についた会計知識や数字を見る力は、経済や経営のニュース、
さらには企業の実力を分析する上での大きな武器となります。

本書では、財務諸表を読む知識を見につけた後で、

「1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?」
「外資ファンドが狙う企業のバランスシートの特徴とは?」
「なぜ、イオンはダイエーを子会社にしないのか?」
「トヨタ自動車が、あえて無借金経営にしない理由とは?」


といった身近な事例を取り上げ、財務諸表分析や企業分析を行う際に「どこを・どう読むか」「そのことで何がわかるのか」についてもくわしく解説していきます。「へ〜ぇ」や「なるほど!」が連発! 会計の初心者や数字が苦手なビジネスマンにとって、手に取りやすい最良の入門書。



1秒だけ財務諸表を見るなら、どこを見るか?

って、どこ???1秒だよ・・・

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本 [単行本]






社長!m_key24  at 11:52 この記事をクリップ!