社長ブログ
社長4400人が購入した英会話教材
トップページ » サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の現状と課題


サービス付き高齢者向け住宅

通称?略称?業界用語?で

サ高住



平成23年の法改正により登場した

「サービス付き高齢者住宅」


原則、床面積25以上
ゆったりとしたバリアフリーの居住空間

安否確認、生活相談サービス必須でケアの専門家が常駐することなどが条件

初期費用が安く、月額も数万円から入居可能

それまでの高額な老人ホームや
入居待機者42万人以上もいて、なかなか入れない「特養」と呼ばれる
特別養護老人ホームに加えて、新しく登場したものが
この、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)。


平成23年の法改正後、
サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の登録が始まり、
その後1年ちょっとで増えてきた。

ただ実際は、既存の高齢者専用賃貸住宅を
サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の条件に合わせて
公共機関に登録しなおした物件も相当数あり

そういう物件は、25屬旅さを満たしていない。

これは、特例として、居間・食堂・台所そのほかの部分が
高齢者が共同して利用する場合は18屬任皺弔箸覆辰討い襪燭瓩法
業者によっては、収益性を考えて部屋数を多くすることを考え、
一居室あたりの面積を小さくする傾向にある。

そのため、現実的には25屬旅さがある、サ高住はむしろ少ないの実状。


一般的に高齢者住宅は、どこか「施設」といったイメージにがあるために
高齢者住宅を探すという行為はネガティブな印象がある。


そういったイメージをなくし、

シニアライフを楽しむ「住まい」を探す

という認識に変えていくことが大切ですね。



サービス付き高齢者向け住宅 完全ガイド
サービス付き高齢者向け住宅 完全ガイド [大型本]


サービス付き高齢者住宅 徹底攻略ガイド 改訂版
サービス付き高齢者住宅 徹底攻略ガイド 改訂版 [大型本]



もう困らない! 高齢者診療でよく出合う問題とその対応〜検査や治療はどこまで必要?患者・家族に満足してもらうには?外来・病棟・在宅・施設ですぐに役立つ実践ポイント (ジェネラル診療シリーズ)
もう困らない! 高齢者診療でよく出合う問題とその対応〜検査や治療はどこまで必要?患者・家族に満足してもらうには?外来・病棟・在宅・施設ですぐに役立つ実践ポイント (ジェネラル診療シリーズ) [単行本]




社長!m_key24  at 09:07 この記事をクリップ!